android betriebssystem downloaden

パプリカとツナソースのタヤリン

Recipe by NORO KYOKOカテゴリ: 麺料理料理ジャンル: イタリアン難易度: 上級
分量

4

人前
準備時間

30

調理時間

1

時間 

ピエモンテ州トリノのレストランで食べた郷土パスタ「タヤリン」のお皿を再現しました。ローストした甘いパプリカとツナの組み合わせは、卵の風味満点のタヤリンに優しく絡みます。ミントを散らして清涼感もプラス。タヤリンも手作りして、手打ちパスタを楽しみましょう。

材料

  • タヤリン
     強力粉 170g
     セモリナ粉 35g
     卵黄 8~9個
     オリーブオイル 小さじ2~
     塩 1~2つまみ

  • パプリカとツナのソース
     パプリカ 3個
     ツナ 70g
     トマトピューレ 60cc
     オリーブオイル 大さじ2~
     にんにく 1片
     ミント 適量

作り方

  • 〜タヤリンを作る〜
    粉類を台の上に山形にふるい、ドーナツ状に広げる。
  • 中央に卵黄・塩・オリーブオイルを入れ、フォークでまわりの粉を崩しながら手早く混ぜる。
  • 水分が流れなくなったらスケッパーに持ち換え、切るように手早く混ぜていく。
  • そぼろ状になったら手でひとまとめにする。
  • 台に取り出し、奥から手前に折り返し、更にそれを押し返すようにする。回転させながら4~5分ほど軽く捏ねる。
  • 生地が滑らかになったら丸めて、ラップなどで包み30分~寝かせる。1晩寝かせる場合は、冷蔵庫に入れる。
  • 〜ソースを作る〜
    パプリカは縦に半分に切る。オーブンシートを敷いた天板に断面を下にして並べ、200℃のオーブンで20~25分ほど焼く。粗熱を取り、皮と種を取り除く。横半分に切り、縦に薄くスライスする。
  • フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかける。にんにくが色づいたら取り出し、1のパプリカ、油を切ったツナ、トマトピューレ、水少量(分量外)を加え、蓋をして5分ほど煮込む。塩、オリーブオイルで味を調える。
  • 〜タヤリンの成形〜
    生地を台に取り出し、麺棒で厚さ1~2㎜弱にのばす。(又はパスタマシンで伸ばす)
  • 生地を3つ折りにし、幅4~5mm、長さ20㎝くらいにカットする。
  • 軽く打ち粉(セモリナ粉)をふるい、一玉を軽く巻いて、乾いた布巾の上などに広げておく。
  • 〜仕上げ〜
    たっぷりの沸騰したお湯に塩(分量外、乾麺の時よりは少なめに)を加え、タヤリンを茹でる。途中、茹で汁をソースのフライパンにおたま1杯分ほど加えておく。
  • タヤリンが浮いてきて2~3分ほど経ったら、1のフライパンに加えてよく混ぜる。
  • 器に盛り付け、ミントを散らす。

メモ

  • 時間がない時は、もちろん乾麺でもOK!ショートパスタや、細めのスパゲッティが合います。
  • ハーブはお好みのものを。夏場はミント、冬場はローズマリーなどもおすすめです。
  • タヤリンは冷凍で保存可能。茹でる時は凍ったまま茹で、浮き上がってきてから2~3分茹でてください。
  • タヤリンは卵が多い生地なので、生の状態では冷蔵保存に向きません。一晩以上おく場合は、必ず冷凍で保存してください。
playerplus app download music for ipod nano for free computer idee youtube downloaden bilder online kostenlos downloaden